MENU

金融業者で収入証明書が必要なパターンとは

キャッシングを行う時に必須の書類は個人証明書であり、借入額や本人の属性等に応じて収入証明書類が必要になります。

 

消費者金融の場合は一社から50万、複数社合わせて100万円を超えれば収入証明書が必要になりますが、銀行の場合は100万円から300万円程度までは条件次第で収入証明書提示せずに借金可能です。

 

自営業者等のように収入が不安定な場合は借入額と関係無く収入証明が必要になったり、審査において必要な書類は様々な要因で決まる仕組みになります。

 

大手消費者金融で50万円までの小口キャッシングは収入証明不要

大手消費者金融のアコムやプロミス、モビット、アイフル、ノーローン等では50万円までなら収入証明無しで運転免許証があれば審査に必要な書類は揃う事になり、レイクのような銀行系カードローンは100万円までなら収入証明書不要でキャッシング可能になります。

 

消費者金融が50万円まで収入証明不要な理由とは

2010年に改正された貸金業法によって、1社からの借り入れが50万円を超えれば収入証明書の確認が必要というルール設定がされた事により、さらに小さな値段に設定すると業者側から確認コストもかかるからこそ、50万円という基準が設定されているのです。

 

100万から300万円まで収入証明不要な銀行カードローン

銀行カードローンの場合は1100万から300万円まで収入証明不要ですが、100万円とか200万辺りで確認する銀行もあるものの、それは少数派になっており、多くの銀行では300万円辺りの設定になります。

大手で収入証明書が100万円から必要になる例

三菱東京UFJ銀行や住信SBIネット銀行、地方銀行では100万円程度から収入証明書の確認を行っているのですが、大手の場合はこの程度で非常に少ない例になっているものです。

 

収入証明書確認を200万円から行う銀行

200万円から収入証明が必要な銀行と言えばみずほ銀行であり、地方銀行にもあるものの、この金額のように中途半端な設定から確認が必要な所は大手では非常に珍しいと言えます。

 

300万円までは大手銀行審査で収入証明の必要が無い

大手銀行カードローンでは300万円まで収入証明書が必要無いと考えても良いですし、確認コストを下げる為にも有効な線引きが300万円辺りになっています。

 

消費者金融の場合は上限額が300万円になっている所が多いですが、総量規制の関係から年収の3分の1を超えた借金は不可であり、年収900万円以上で無いと借入出来ない規模となります。銀行ならば総量規制が関係無いですから、審査にさえ通れば収入証明も無く借りる事が可能です。

 

収入証明書が必要になるパターンを知っておく

消費者金融や銀行での融資希望額に応じて、審査時に収入証明書が必要になる事は上記に記しましたが、こうした値段に満たない状態でも収入証明書の提示が必要になるパターンもあり、それを知った上で審査に挑むとスムーズに進める事が出来ます。

 

消費者金融の場合

1社から50万円という設定だけではなく、他社借入合計100万円を超える場合にも収入証明は必要であり、例えばA社から45万円、B社45万円で合計90万円借りている状況で、さらにC社から10万円借りようとします。

 

本来は10万円程度の借金で収入証明は要らないですが、三社合計で100万円に到達する事になりますから、こういう場合は収入証明書の提示が必須になります。これは貸金業法のルールとして明記されている設定です。

 

自営業や個人事業主も提出必須

自営業者や個人事業主の場合は小額の借金でも収入証明書は必要であり、どうしても収入が不安定な職業として見られますから、確定申告書や納税証明書等が必要になります。

 

審査では安定職種が有利であり、高収入の自営業等では審査に通りやすいものの、属性としては審査において不利になりがちな要素ですから、求められた資料を揃えて審査に挑む事が必要でしょう。

 

無収入の専業主婦が借りる場合

消費者金融では無収入の専業主婦は借入出来ないですが、銀行カードローンでは比較的簡単に行う事が可能であり、配偶者貸付では夫の収入を担保にしてカードローン審査に通過出来ます。

 

主婦の方におすすめできるカードローン!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

夫の収入証明書の提示は不必要な銀行もあり

銀行によっては夫の収入証明書や同意書も必要無くカードローン審査に挑む事が可能であり、この時に必要な書類としては住民票と身分証明書のみです。借入可能額は30万円か50万円スタートが一般的になっており、一般的には30万円から利用可能であり、一部銀行では50万円が限度額に設定される事が多いと言えます。

 

配偶者との婚姻関係や収入証明の提示を求められる事が一般的と考えておけば、安心して専業主婦でもカードローン審査に挑む事が出来るようになっています。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日