MENU

消費者金融なら自営業者への即日融資も可能

金融業者での借入を行いたい時には属性チェックがあり、職種と言うのは審査に多大な影響を与えます。簡単に言えば安定した職種である公務員や大手会社員は有利で、自営業のような不安定な職種は不利な事は否めないです。

 

自営業者の方でも急な出費が必要になり、即日融資を希望する方も居ますが、こういう時に消費者金融と銀行どちらを選択すれば良いかと言うと、借金目的や金額にもよりますが、消費者金融の方が審査クリアしやすいと言えます。

 

ただし、銀行の場合は大きな借入を長期間借りる時に有利であり、事業用に資金を借りる場合は審査が厳しいですが銀行が有効です。急ぎの小額融資ならば審査速度が早くて柔軟性の高い消費者金融が有利であり、即日融資にも対応してくれる可能性があるでしょう。

 

借金目的から業者選択を行う

借金目的によって銀行か消費者金融かは選択が変わり、事業用資金として借りるのか、個人的な使用で借りるのかによって選択は変わります。個人用なら小額融資を行って、すぐに完済させる予定を組んで消費者金融を使う事が有効であり、消費者金融では高金利な特徴があっても小額融資ならば殆ど金利の影響を受けずに利用可能です。

 

特に急な出費が必要な場合は即日融資も可能であり、消費者金融は利点が大きく自営業の方でも利用しやすい仕組みになります。事業用の用途になれば大きな借入を長期間行う傾向にありますから、融資枠も広くて低金利な銀行にお願いする事が望ましいです。

 

急な出費には消費者金融が基本

急な出費が必要になった時は、一般的に銀行よりも消費者金融利用が有効であり、消費者金融は銀行のような社会的な信用が無く金利も高くて融資枠も狭いですが、その分銀行には無い審査速度や利便性を追求しています。審査通過率や審査速度が早いですからすぐに借金する事が出来ますから、スポード重視で消費者金融を利用した方が即日対応してもらえる可能性が高いです。

 

事業者向けのローンを消費者金融でも利用可能

大手消費者金融の場合は自営業者に向けて事業者向けローンの提供を行っている所もあり、アコムやアイフル、プロミスで展開しているローン利用を行うのも良いです。事業者向けローンサービスではプロミスが最も金利が低くなっており、用途も事業用でも生活費でも行える仕組みであり、アコムの場合は事業や生活関係無くビジネスサポートローンが展開されています。

 

アイフルの場合は事業用のみに特化したプランがあり、審査も慎重に対応されますが、いずれにしても事業者用ローンを展開している消費者金融も存在しますから、サービス内容を把握して選ぶと良いでしょう。

 

銀行は金額が大きな事業者向けローンでは有利

事業者向けの借金と言うのは消費者金融でも扱っているものの、大きな纏まった金額が必要な時には銀行カードローンがおすすめになります。

 

銀行では事業者向け特化のローンは殆ど無いですが、一部の銀行でビジネスカードローンサービスを展開しており、フリーローンと比べても堅い借金になります。

 

大手銀行ではビジネスローン審査は商談のような硬さ

消費者金融のビジネスローンと比べても銀行でのビジネスローンは非常に硬い印象を受け、借金に困っている自営業者が借りるという側面ではなく、起業への投資のようなものです。

 

ですからどのようなビジネスが必要なのでこれだけのお金が必要、という説明が必要になり、生真面目な借金とも言えます。ですから商談のような形での借金ですから、お金が足りなくなったから貸して下さいというような雰囲気ではなく、銀行ではお堅い事業者向けローンとなるものです。

 

銀行は通常の借金でも低金利融資可能

銀行カードローンは通常のカードローンサービスでも消費者金融のビジネスローンと比較しても低金利で融資可能です。消費者金融のビジネスローンと言うのは、一般的に消費者金融では総量規制で年収の3分の1以上借りる事が出来ないですが、例外貸し付けとして大きな借金を消費者金融でも受けれるというものです。

 

すでに自営業者の中で年収の3分の1借金しているという方が居ますが、事業用資金としてさらに借金する時に、消費者金融ビジネスローンは有益という事になります。銀行カードローンの場合はこうした規制が無く、審査次第では大きな融資を受ける事も可能になっていますが、貸し倒れリスクを抱えた申し込み者は弾く可能性が高く、審査も慎重で厳しくなるものです。

 

用途に応じて申し込み先を変えた方が良いですし、低金利で借りる事が出来る銀行を利用した方が有利な事も多いですが、やはり審査に弾かれる可能性も高くなります。

 

そういう意味でも自営業者でも借りやすい消費者金融と言うのはメリットがあり、上手く返済計画を立てて使う事が出来れば、自営業者にとっては資金繰りが厳しい時でもサポートを行ってもらえる可能性が高い業者と言えるでしょう。

 

もちろん返済計画を練って、延滞や滞納しない形で確実に完済させる意識は必要ですから、借り入れの前段階から事業内容や収入のバランスを確認した上で借金の申し込みを行う事が必要であり、返済が滞ると信用に関わるものですから利息負担も考慮して判断が必要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日