MENU

キャッシング審査と年齢の関係性とは

消費者金融や銀行で借金を行いたい時には、年齢というのものが極めて重要であり、一般的には成人以上が利用出来るものになります。

 

成人に満たなくても利用出来る借金もありますが、現役世代と言われる20歳以上から65歳まで辺りが審査クリア出来る基準になっており、消費者金融の場合は69歳まで、銀行は65歳までが一般的です。

 

基準とは違う例外的なものもあり、プランネルのように75歳までという業者もありますから、年齢による基準を知っておくと良いでしょう。

 

69歳までが利用可能な消費者金融

消費者金融の多くは69歳までという年齢制限設定があり、この年齢を超えてしまうと新規借入は出来ない可能性が高く、モビットの場合は65歳設定と少し低くなります。

 

レイクの場合は70歳まで可能になっており、レイクは大手消費者金融の多くが69歳までという中で1歳だけ長く使える業者です。

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

どうしてモビット利用は年齢制限は若いのか

モビットが大手消費者金融の中で年齢制限が若い理由としては、若者をターゲットにした営業を行っている業者である為と言えます。モビットの特徴としてはネット経由で行えるWEB完結申込のように、IT技術を駆使した融資を展開しており、プライバシーも重視して在籍確認無しでも利用出来る仕組みもある業者です。

 

専用のATMや実店舗が無いというのも現在的であり、高齢者はターゲットでは無い事からも年齢制限が若くなります。スマホアプリに関しても若者が楽しめる遊び心があるコンテンツもあり、こういう面からも若い世代に積極的に利用促進している業者です。

 

家族や知人に知られずにキャッシング出来るという面も有利であり、こうしたプライバシー重視から人気を集めている側面もあり、サービス特徴を知った上で申し込みが有効です。

 

65歳の上限年齢が基本の銀行カードローン

銀行は消費者金融よりも年齢制限に厳しく設定されており、65歳以下なのか未満なのかは銀行毎に違いますが、65歳という数字は銀行の上限年齢として知られる数字になります。

 

銀行カードローンの特徴について

銀行カードローンは審査が厳しい変わりに低金利での融資を行い、融資可能枠も大きな特徴がありますが、貸し倒れリスクの少ない優良客を相手に営業している面があります。

 

老舗の銀行も多くて審査も堅い面もありますが、若い銀行の中には楽天銀行のようにネット時代に特化した銀行もあり、こうした銀行の場合は60歳までが上限年齢というパターンもあるものです。

 

若いネット銀行等でも老舗銀行には無いサービス展開を行っており、若い銀行は若者をターゲットにしたサービス提供を行っており、高齢者には縁が無い可能性が高くなります。

 

高齢者にはメガバンクが馴染む

楽天のようにネット時代に浸透した会社は、高齢者でもカードを持っている事もありますが、楽天銀行を使うという高齢者は非常に少なく、ネットビジネス展開等を行っていないと利用の機会も無いと言えます。

 

高齢者の方は地方銀行やメガバンクに親しんでおり、資産構築や給料の振込先として長年メガバンク等に馴染んでいる方が多いです。

 

ネット利用をするにしても楽天銀行ではなく、メガバンクのネットバンキングサービスを利用したり、楽天側としても60歳以上の方を積極的に開拓しない傾向があり、結果的に銀行の中にも60歳締切という事も発生します。

 

70歳まで使えるじぶん銀行

70歳まで使える業者としては新生銀行カードローンのレイクがありますが、じぶん銀行も70歳というゆるい年齢制限で使える珍しい銀行カードローンです。

 

じぶん銀行は携帯電話で知られるauと大手銀行の三菱東京UFJがタッグを組んで作られた銀行であり、auユーザー優遇の利点がありますし、高齢者でも携帯電話を所持している事が多いですから、70歳でも対応してくれる仕組みが整っています。

 

最長の年齢制限プランネルについて

75歳という高年齢まで年齢制限があるプランネルがあり、中小業者のプランネルでは75歳まで100万円まで借入可能なフリーローン100というサービス提供を行っています。

 

中小業者は大手業者で審査で断られた客を迎え入れる準備があり、プランネルもそういう意味では大手が扱わないサービスを行う事により、最長年齢制限のカードサービスを作って迎え入れているのです。

 

プランネルのフリーローン100の特徴とは

中小キャッシング業者は高金利という特徴があり、貸し倒れリスクのある客に融資する程に条件は悪くなりますから、高齢者への融資を行う中小キャッシングのサービスなら当然高金利と考えます。ところが実質年率は18.0%設定ですから通常の大手業者と変わらない水準であり、100万円の場合は上限金利の設定から15.0%以上の金利請求はされない仕組みです。

 

借金時や返済の時にATM利用が出来ないという不便な面もありますが、高齢者で融資を行ってもらいたいという時にはプランネルのサービスは有益です。年齢と言うものはキャッシング審査で重要であり、高齢になると融資してくれる可能性が狭くなる中で、こうした年齢まで融資可能な業者サービスがあります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日