MENU

水商売をしている人が審査で落とされやすいと言われる理由とは?

水商売で収入を得ている人はキャッシングがしづらいということが言われますが、これには理由があり、水商売で収入を得ている人がキャッシングに関しての問題を抱えていることが多いためです。

 

水商売そのものは全く問題といってもいいほどの職業ですので、現在キャッシングを行っている会社の数やクレジットカードの返済が滞っていない限り、当日中にキャッシングを行うことすら容易にできます。

 

水商売の女性が当日中に8万円のキャッシングが行なえたお話

ある女性の体験談をご紹介します。この女性はある時に突然8万円を要するような出来事に遭遇し、お申し込みをした結果、当日中にお金を受け取れたという話です。

 

この女性は以前、返済を遅らせてしまった経験があり、それが原因となってキャッシングの審査で不合格となるのではないか?という心配をしていたそうです。

 

ところが、審査では1時間ぐらいで合格の連絡が入ったと言っています。そして、このようになったのは、キャッシングが行える上限金額を10万円としたことが原因ではないか?と女性は考えているようです。

 

10万円を上限金額とすることで、大体は審査で合格できる

上記でご紹介した体験談に関しては、特に不思議な点は見当たりません。というのも、キャッシング業界では10万円のお金であれば、明らかに問題があると判断されないとき以外は大概はキャッシングを行わせているからです。

 

ここでいう明らかに問題がある場合というのは、ブラックリストに名前が載っている人やお申し込み時点で1年間の収入の3分の1以上キャッシングしている場合を指します。今回の例のように、8万円やそれより少ない場合なら、キャッシングをすることに躊躇せず、とりあえずお申し込みされてみてはいかがでしょうか?

 

8万円ぐらいの少額であるなら、金利は気にしなくてもよい

消費者金融や銀行の選択の際には、金利が判断材料となることが多いですが、先に取り上げた例のように8万円ぐらいの少額のお金なら、金利については気にしなくてもよいと言えそうです。仮に10万円を1か月間キャッシングするとなった場合、消費者金融と銀行においての金利の差は300円にしかなりません。つまり、8万円となれば、それよりさらに少ない240円です。

 

ここでは明らかに金利が違うとされる銀行と消費者金融を比べましたが、この両者でさえ差がないことが分かりました。そうなると、同じ消費者金融もしくは銀行で比べるというのは全く無駄の作業だということも同時に分かるでしょう。

 

躊躇せずキャッシングを行い、短期間で全てを返し終えるのがベスト

上記の通り、同じ部類での比較というのは時間の無駄でしかありません。よって、そこで大事になってくるのは、躊躇せず早期のうちにキャッシングを行い、即日に給料が支給される仕事等をして短期間で全てを返し終えることとなるでしょう。

 

なかには8万円ぐらいのお金であれば、金利分が少ないことから、早期に返済は行わなくても問題はないと考える方もいらっしゃるでしょうが、この考えは非常に危険です。8万円であってもいつまでも返済を行わないことで、金利分が気付かぬ間に大きくなってしまいます。

 

したがって、金利分を膨らませないためにも、一度で返済を行ってしまうのがベストなのです。そのために必要な現金を調達する手段もかなりあると思います。例えば先ほどご紹介したような即日に給料が支給される仕事やあるいは身の回りに眠っているものを売るといったことでもよいでしょう。とにかく、キャッシングを利用した際には、すぐに返すことを第一に考えてください。

 

水商売で収入を得ている人はキャッシングでは合格しにくい?

冒頭でも申し上げた通り、水商売をしていることでキャッシングの審査で合格しにくくなるということはありません。たまに、そのように書かれているサイトがありますが、大方嘘だと思っていただいて構いません。

 

水商売が悪く見られるのではなく、水商売で収入を得ている人の多くが借金を抱えているケースや過去に返済を遅らせた経験がある方が多いことから、審査で合格しにくいという情報が流れているようです。

 

勤務期間が短期間であることも審査で合格しにくい原因となる

水商売をしている人が審査で合格しにくい理由としてもう1つ挙げるなら、勤務期間が短期間であることが挙げられます。たとえ、水商売をしている店側で架空(本当は勤務していない)の会社を準備してくれたとしても、在籍確認を行うことですぐにそれが嘘だと気付かれてしまうでしょう。

 

さらに言えば、水商売というものは同じ場所で長く働くことはあまりないとされていることから、長くても2年、平均すると2、3か月という方がほとんどです。キャッシング会社では勤務期間も審査を行う際のチェック項目とされていますので、勤務期間が短いというのはマイナス要素になってしまいます。だからと言って水商売をずっと続けるべきだと言っているわけではありませんので、誤解しないでください。

 

審査で多少マイナスの場合もキャッシングに関しての問題がなければ大丈夫

水商売で収入を得ている人が審査で合格しにくいのは、上記で説明した通りですが、それでもキャッシングに関して問題がない方であれば、合格できるものと思われます。審査で見られるのは、現在のキャッシングの合計金額やキャッシングを行っている会社の数、あるいは、クレジットカードの利用状況も見られることになるでしょう。

 

要はこれらが良好であれば、審査では合格できるということです。キャッシングをさせる側も、職業だけで判断するといったつまらないことは致しておりません。キャッシング会社が気になるのは、キャッシングを行わせた後に、きちんと返済を行なってもらえるか?の1点です。

 

したがって、信用に関する情報に問題がなく、収入をきちんと得られていることを示すことによって、審査で落とされる可能性はかなり減るものと思われます。それが8万円ならば、なおさら心配する必要はないでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日