MENU

今日中に1万円を借りたい場合の注意点や申し込み時間のリミットなど

今日、突然身内の葬儀が入ってしまい、お香典として1万円入り用になったけれども、給料はまだ先だし、かと言って家族に借りるわけにもいかないというとき、あなたはどうするでしょうか。そういうときこそ、キャッシング会社に申し込んで即日キャッシングをするいい機会です。キャッシングに申し込んだら、安定収入がある人なら10万円ぐらいの限度額はすぐにつくでしょう。

 

どこのキャッシング業者も、だいたい1万円単位の限度額はつけていないため、10万円ぐらいからの限度額を設定している場合が多いのです。そのため、申し込んだら10万円の限度額はつくので、そこから1万円を借りてすぐ返すようにすれば、キャッシングによる利子も多く支払わずに済みます。

 

安定収入があるというのは、何も会社員だけではない

安定収入がある人ならすぐに10万円ぐらいの限度額がつくと上記で書きましたが、それは「会社員」ではないということです。現代社会では正規労働者ばかりではなく、非正規労働者の割合も4割ほどあります。

 

ですから、何も正社員でなければカードの審査に通らないとか、そういったことではないのです。パートやアルバイトをしている方であっても、それは等しく認められるものとして信用情報に記録されます。事実、年収の自己申告用紙などには「パート・アルバイト」や「自営業・自由業」などといった欄があり、そこに○をつける箇所があります。

 

当日中に借りるためのタイムリミット

キャッシングに当日申し込んで結果を待つ場合、最悪、いつまでに申し込めばいいのでしょうか。それは「20時」がタイムリミットです。20時に審査をすると、余裕を見ても21時には審査結果が出ることになるので、その時間を考慮して1時間前ぐらいには審査を申し込んでおくと、時間的にも余裕を持って事に当たることができます。

 

結果が出たらすぐにATMでお金を引き出すことができます。厳密には各金融業者が独自で設置している無人契約機を使ってカードを発行し、そのまま同じ場所にあるATMを使ってお金を借りる流れになります。限度額が10万円ついたとしたら、そのAMTでは自由に金額設定をして借りることが可能なので、そこで1万円と入力して借りればよいのです。

 

午前中に申し込まないといけないのは銀行振込

銀行振込にも対応している業者がほとんどです。しかし、この場合、少し注意しなければいけないことがあります。銀行は平日の15時で閉まってしまうため、それ以前の時間帯に振込の申請をしておかなくてはいけません。ということは最悪、14時ごろまでには申し込みをして審査結果が出ていないと、15時までに間に合わないということになります。

 

専業主婦の借入注意事項や銀行カードローンの審査について

専業主婦は消費者金融でお金を借りることは無理です。2010年に施行された総量規制に引っかかるためです。その場合は銀行カードローンに申し込んで借りる形となります。即日融資は消費者金融だけが行っている独自のサービスと思いがちですが、実は銀行カードローンも即日融資は行っていますので、申し込んで審査に通れば借りることができます。

 

しかし、銀行カードローンでキャッシングしたいなら気をつけておくことがあります。それは、銀行カードローンは消費者金融よりも審査時間が長くとられるということです。中にはその銀行の口座を持っていなければ行けないケースも存在しますので、その点だけには注しておいてください。

 

審査通過しやすい金額とは

それでは銀行カードローンしか選択肢がなく、審査を申し込んでみた場合、審査に通りやすい金額というのはどのくらいなのでしょうか。それは10万円ぐらいの少額融資の場合です。それはなぜなのかというと、これぐらいの少額融資なら銀行側も早めに受付をしてしまおうという思惑があるため、大金の申し込みではない、これぐらいの申し込みならすぐに審査通過させてしまうこともあるのです。

 

そして大事なのがクレジットスコアの問題があります。クレジットスコアとは、これまで申し込んだ本人が果たしてどんな金融生活を送ってきたのかを示すものであり、点数化されています。銀行カードローンだからといって消費者金融と比較して審査時の印象が悪いということはありません。銀行カードローンを長期間使っているなどという場合には、スコアリングの点数上でも有利に働きます。

 

ブラックリストに載っている人がキャッシングする方法はあるのか?

ブラックリスト、つまり個人信用情報機関に返済事故や強制カード解約など、クレジットヒストリー上で問題があった人の場合、新たに借りられる手段は存在しません。どうしても借りたいなら、「独自審査」を行っている業者を探すことです。独自審査というのは、自前で個人信用情報を管理しており、一般の個人信用情報機関を使っていない業者のことです。

 

ただ、こうした業者の多くは金利が普通よりはるかに高く、年率20%を平気でかけてくるといった危ない側面もあります。うっかりしていたら、すぐに金利が上がっていき、返済に困ってしまうことも考えられるので、できればこうした業者で借りるのは止め、キャッシングをしなくてもよい方法を探るべきです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日