MENU

使い道が借金の返済、という人の危険性

今、7、8万円借り入れができるとして、その借り入れたお金をなにに使うかと考えた場合の選択肢で、自分の生活がどれくらいまずいのかどうか、おおよその判定ができます。たとえば、電気代や水道代などに使う場合はすでにちょっとまずいです。現在の収入では生活をカバーできなくなっているからです。

 

もちろん、急な出費がかさんで、一時的に支払えなくなったというだけなら問題はありませんが、生活の出費はできるだけ早くどうにかしなければなりません。しかし、すでに他で借り入れがあるという場合は微妙です。

 

まじめな人ほど、ついそちらに先に払わなければ、という気持ちもあるでしょうが、生活に関わる出費を後回しにしてしまった結果、そもそも生活の基盤がゆらいでしまって、生活の意欲がなくなり、結局生活も借り入れの支払いもうまくいかなくなってしまうということがあるのです。まず、ライフラインを優先しましょう。

 

あまり知られていないが国も貸し付けをしている

7、8万円の借り入れをしてもライフラインをカバーできないケースもあります。これは生活が困窮しているのだとはっきり認識しましょう。生活保護を受けるまでではないが生活が困窮している人、に対して、国は生活福祉資金貸付、というものを行っています。二人以上の世帯は月に20万円、単身世帯は月に15万円までの貸し付けをしているのです。

 

国の手続きというだけであって、3週間ほどの時間がかかることも覚悟しなければならないという問題はあります。また、すでに他で借り入れがかさんでいる人は、返済の見込みがないということで融資を断られることもあります。まだ借り入れを行っておらず、また一時的にすべて返した人などは、この融資はおすすめです。なんといっても金利が1.5%から3%、連帯保証人がいれば無利息、という大きな大きなメリットがあるので、相当お得なのです。

 

すでに多重債務で困っているなら

もう借り入れで困ってる、という人は状況を整理する必要があります。つまり、このままで返せないなら、厳しい生活を変えるため、債務整理という手段に出るのです。7、8万円の借り入れで、別の借り入れの返済を一時的にこなす、という状態はすでに債務整理を考えなければならない状況にあるでしょう。

 

もう手に負えない、数百万円の借り入れ、というわかりやすいものばかりでなく、ぎりぎり手に負えないような金額であっても、債務整理は有効です。たとえば一番メジャーな任意整理という手法を使えば、借入額の減額や、利息分だけをカット、過払い金の請求など、一定の改善も望めます。

 

厳しい状態の人は自己破産、というだけでなく個人再生というものもある

大きな借金をしていると、もう自己破産をするかどうかの二択でしか考えられなくなる人もいるでしょう。しかし、借り入れ分を5分の1以下にできる、個人再生というものもあるのです。借り入れを5分の1から10分の1にして、それを3年から5年で返済するというものです。

 

5分の1なら、1000万円あったとしても、200万円になるわけです。それを3年で返すとしたら、一年あたり70万円いかないくらいで、一ヶ月あたり5、6万円の返済額です。1000万円ということから考えると、かなり現実的な金額になります。

 

自己破産だとマイホームは残せないですが、個人再生なら残せるなどのメリットもあります。利息を払うだけで手一杯、毎日お金のことばかり考えている、というような状態は、いずれ自己破産することが見えているともいえます。

 

真面目な人ほどちゃんと返さなくては、と考えがちですが、こうした状況は、借りている人だけでなく、貸している側にとっても自己破産されては大きな不利益ですから、なにか手を打てば、みんなが状況を改善できる、と考えれば引け目もないでしょう。

 

そもそも自分の収入と出費がわかっていない人が多い

日本人の多くは家計簿をつけていないと言われています。そして、いくら足りないのかもわからないまま、とりあえずお金を借りる、というようなことをしてしまうと、多めに借りて、なんとなく使ってしまって、ということにもなります。

 

気づけば、他からさらに借り入れをしなければならない、というわけです。ケガや病気などアクシデントで借り入れをしたとしても、計画性があればじっくりと改善できます。多重債務におちいる人というのは、計画性のなさ、が大きく、とんでもない不運というのは少数派なのです。

 

家計簿で逆算

自分がなににお金を使っているのか、というのは、感覚だと意外にずれていることも多いです。たとえば、なんとなくカフェでお茶をしているので、覚えていない、といったことです。家計簿で一覧になっていれば調整もしやすく、また絶対に減らせないものもわかりやすいので、出費の改善がしやすいのです。

 

収入を増やす、という考えも重要

きちんと収入とバランスの調整をして、それでもお金が足りなければ収入を増やす方法を考えましょう。特に商売道具などにはお金をかけなければなりませんし、家族が増えるという場合も同様です。お金を借りるのに慣れると、すぐ借りることが選択肢に浮かびますが、お金を借りるということを発想から外すことから見えてくることはたくさんあります。

 

節約も大切だが

出費を減らすのも大切ですが、限界があります。今後、終身雇用の撤廃や年金の受給引き上げなど、未来の収入には不安なことが多くあります。ですから自分で稼げる、自分を磨く、ということが重要になってきます。得られそうな収入の可能性はいろいろ検討するのが重要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日