MENU

少額キャッシングを生活費に利用する

もしも、生活費が足りない、という場合には少額キャッシングを利用しましょう。少額キャッシングならば金利もそこまで大きな金額にもなりませんし、わざわざ必要出費を我慢する必要もありません。

 

また、当日にお金が必要になった、というような場合でも消費者金融を利用すれば簡単に即日融資を受けることが可能です。

 

 

 

 

消費者金融を利用する訳

キャッシングの利用は何が何でも銀行カードローンの方がいい、と思っている方もたくさんおられることでしょう。しかし、銀行カードローンの場合は、土日に営業をしていない場合も多いですし、何より申込みや借入の時間が早めに締め切られてしまいます。

 

消費者金融ならば、21時までに申込みを行っていれば、即日融資も可能ですし、土日祝日も審査を受け付けています。また、消費者金融の場合ならば、最短で30分、遅くとも1時間程度くらいしか審査に時間はかかりません。これは銀行カードローンにはないメリットですので、すぐにでもお金が必要な場合は消費者金融を利用した方がいいのです。

 

消費者金融は少額融資向け

また、審査スピードが早くなる理由としては、消費者金融が少額融資向けだからと言えます。もちろん、高額融資も受けることが可能ですが、少額融資ならばさらに審査時間が早く済みます。そのようにして回転数を上げて、利用者を増やそうとしているのです。もちろん、これも利用者としては大きなメリットですので、ぜひとも活用してみましょう。

 

金利差はほとんど気になるものではない

消費者金融と銀行カードローンを比較するときに、まず真っ先に挙げられることは金利です。高額融資の場合は、金利に大きな差が出ます。それは消費者金融が少額融資向けで、銀行カードローンが高額融資向け、という狙っている客層の違いから生じることなのです。逆に言えば銀行カードローンはあまり少額融資は行っていない、ということでもありますし、そこまで重要視していません。

 

そのためか、少額融資の場合の金利率はそこまで変わりません。1ヶ月に1万円の借入を行った際の金利で発生する金額の差はわずか30円となっています。ですので、10万円を借りても300円の違いだけ、というのであればあまり気にしすぎる金額でもないことが分かります。少額融資をする場合ならば、金利を考えてどちらかを選ぶ、ということをするのはあまり意味がないのです。

 

消費者金融独自のメリットを優先する

そうなると、別の部分を比較する必要があります。その部分と言うのが、これまでにも説明した通り、審査の早さです。本当にすぐにでもお金が必要なのであれば、例えば、支払いを今日中にしなければならない、ということであれば、銀行カードローンを利用するよりお金を手にする可能性の高い消費者金融を利用した方がいいといえるでしょう。

 

また、消費者金融は21時まで審査回答を出しています。21時までに審査結果を手にして、ローンカードを発行すれば、コンビニATMなどを利用して24時間いつでもお金を借りることができるのです。ですが、21時の10分前などに申し込みをしていては、審査回答の締め切り時間に間に合いません。

 

審査にかかる時間を1時間と見積もれば、余裕を持って20時までに申し込みをする必要があります。それまでに間に合うのであれば、当日中にお金を借りることが可能ということです。

 

生活費が足りないと言うのであれば生活福祉金を利用する

キャッシングで生活費をまかなう場合は、やはり収入が常に安定している場合が一番です。それでも、予想外の出費などでどうしてもお金が足りなくなった、という場合や、節約などで返済をするお金を作ることができるという場合にのみ、消費者金融などを利用してのキャッシングを行った方がいいでしょう。

 

そうではない場合、つまり、常にお金が足りないという方の場合は消費者金融などを利用するのは止めておいた方がいいでしょう。返済をすることが難しいでしょうから、例え少額と言えども、かなりのリスクを背負うことになります。

 

生活費のためなら生活福祉金を利用する

そのような方の場合は国からお金を借りる制度を利用することをオススメします。生活福祉金ならば、窮乏していることを証明することができれば、生活費のための借入が誰でも利用可能です。

 

基本的には利用方法は厳しく制限されてはいませんが、融資される時点で、お金を借りなければ生活できないと判断される必要がありますので、利用法は自然と生活費のみに限定されるでしょう。デメリットとしては、申し込みから3週間は待つことになることです。もしも、待つことが可能ならば、利用するといいでしょう。

 

母子家庭は母子福祉金を利用する

シングルマザーや母子家庭の方は、お金がついつい足りなくなってしまいます。生活支援金と比べると利用方法は細かく設定されてしまいますが、それでも生活のためにお金を借りることができますし、他のキャッシングと比べると比較的お金を借りやすいので、利用してみてはいかがでしょうか。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日