MENU

消費者金融でおまとめローンを組む理由とは?

消費者金融からの複数の借り入れを、同じく消費者金融のおまとめローンを利用して1つにまとめるという行為は、大変有効だといえます。

 

借り入れ総額にもよりますが、ほとんどの場合で金利的なメリットを受けることができます。またおまとめローンを組むことによるメリットはそれだけではありません。ここではそれについて見ていきます。

 

おまとめローンを提供している消費者金融

消費者金融ではプロミス、アコム、アイフルの3社がこのおまとめローンの専用コースを提供しています。

 

これは通常のフリーキャッシングとは違い、総量規制の対象外になります。そのため、借り入れ額が年収の1/3を超えるようなことになっても問題はありません。

 

借り入れ額に応じて消費者金融を選びましょう

1つにまとめる借り入れ総額が100万円に満たない場合、アイフルのおまとめローンの利用が一番金利的に得になります。それはアイフルのおまとめローンは、最高金利が15%だからです。

 

消費者金融では100万円未満の借り入れに対しては18%の金利が設定されることがほとんどです。それをまとめてアイフルに鞍替えすることで、15%まで下げることができます。この3%の金利の差は、100万円に対する1年間の金利の額にして、約3万円の違いになります。

 

おまとめローンとしての借り入れ額が100万円未満になる場合、このアイフルがおすすめです。100万円以上の借り入れになる場合、プロミスがおすすめになります。それはアイフルではおまとめローンの最低金利は12%ですが、プロミスでは6.3%だからです。金利が借り入れ額が大きくなるほど下がっていきます。また100万円以上の借り入れになる場合、どの消費者金融でも15%が最高金利になります。

 

これには利息制限法が絡んでいて、100万円以上の借り入れに対する最高金利は15%が法定最高金利だからです。そのため100万円を超える借り入れになる場合はアイフルを選択する必要はありません。どの消費者金融を利用しても15%以下になるからです。

 

アコムは最高金利、最低金利共に中途半端なので、無理にここを利用する必要はありませんが、アコムからの借り入れもまとめてローンを組む場合はその限りではありません。利用状況によっては他社より金利の優遇を受けられる可能性があります。

 

まとめられる最高額とは?

プロミスとアコムのおまとめローンの専用コースの最高融資額は300万円です。アイフルのみ、500万円になっています。よって借り入れ額が300万円を超える場合、金利は高くなりますが、アイフルしか選択肢がありません。

 

銀行のカードローンを利用する場合、800万円や1000万円まで借り入れを行える場合が多いです。金利もその借り入れ額になると消費者金融のおまとめローンより低くなることが多いので、300万円を超える場合は銀行のカードローンの利用も考えてみましょう。

 

おまとめローンによる金利以外のメリットとは?

おまとめローンを組む最大のメリットはここまでに書いてきたように、金利を下げられることです。悪くても15%まで下げることができます。ですがメリットはそれだけでありません。借り入れ先が1つだけになることで、返済の管理が楽になります。

 

複数の借り入れを行っている場合、返済日がいくつもある場合がほとんどだと思いますが、それが1つになるので、うっかり忘れてしまうようなことがなくなります。またATMから振り込みで返済を行っていると、その度に振り込み手数料が掛かってしまいます。件数が多いとこれも馬鹿にならない金額になってしまいますが、返済先が1つになればこの手数料も軽減することができます。

 

おまとめローンを組む際の注意点とは?

このように、特にこれといったデメリットはないと思われるおまとめローンですが、1つだけ注意しなくてはいけない点があります。それは月々の返済額を少なくして、返済期間を長くしてしまうことです。いくら金利が下がっても、返済期間が長くなると、支払う金利の額は反って多くなってしまいます。

 

おまとめローンを組む際は、基本的に現在の各借り入れの月々の返済額を合計した金額を月の返済額に設定するようにしましょう。それであれば、支払う金利の額が現在より多くなってしまうことはありません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日