MENU

派遣社員では特に勤続年数が重視される

派遣社員であっても、キャッシングの即日融資を受けることは可能です。また派遣社員に限らず、アルバイトやフリーターであっても、即日融資は利用できるようになっています。

 

現在のカードローンでは即日融資は当たり前のサービスです。審査さえ通過すれば、申込者の職業にかかわらず誰でも利用できるようになっているのです。

 

派遣社員であっても即日融資は利用できる

キャッシングの審査について多くの人が勘違いしていますが、キャッシングの審査において、申込者の職業はあまり重視されていません。たしかに申込者の職業が大企業の正社員や公務員である場合には、審査で有利に働くのは間違いありません。しかし派遣社員やフリーター等であっても定収入さえあれば問題はありません。

 

収入が低い場合には、キャッシングで認められる融資枠が限定されるだけです。特に10万円程度の少額融資を希望する場合であれば、過去に問題さえ発生させていなければ、誰でも即日融資が利用できるのです。

 

借入状況に問題がないことが重要

キャッシングの審査において最も重視されるのが借入状況(与信状況)です。既に他社からの多額の借り入れがある場合には、他社への返済に追われることになって新たな融資に対する返済が不可能になります。そこで多額の借り入れがある場合には、審査で落とされる可能性が高くなるのです。

 

年収の1/3まで借り入れがあると、融資は受けられない

既に年収の1/3まで借入れがある場合、消費者金融の利用はできません。総量規制と呼ばれる規制により、消費者金融では年収の1/3を超えた金額の貸付はできない仕組みとなっているからです。たとえば年収200万円の人が既に67万円以上の借入れをしている場合には、どの消費者金融に申し込んでも融資は受けられないことになります。申込者の職業は関係ありません。

 

また銀行カードローンでは、この総量規制は関係ありませんが、もともと銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しい傾向にあるため、やはり年収の1/3程度の借入金額がある場合、融資を受けるのはかなり厳しくなっています。

 

過去の信用情報も審査に大きく影響する

次に審査で重視されるのは信用情報です。信用情報は過去において利用したキャッシングやクレジットカードの返済状況に関する記録のことで、返済トラブルを起こした場合、個人信用情報に事故情報(異動情報)として記録されることになります。

 

この個人信用情報は各金融機関が信用情報登録機関に登録し、相互に参照できるようになっています。そこで個人信用情報が傷ついていると、いわゆるブラックリストに登録された状態となって、審査で落とされてしまうのです。

 

この信用情報に事故情報として記録される基準としては、一般的に61日以上の延滞、滞納をした場合だと言われています。ただし延滞や滞納が短期間であっても、頻繁に発生させていると事故情報として記録されることもあるため、注意が必要です。

 

また事故情報については、キャッシングの延滞、滞納に限らず、カードローンの強制退会やクレジットカードの強制解約、あるいは債務整理に関する手続きを実施した場合などについて記録されます。
これらの事故情報については5年から10年間記録されるため、その間は各種の金融サービスを利用できなくなってしまうのです。

 

これら借入状況や信用情報に関する項目が審査において最も重視される項目です。しかしこれらの項目については職業は関係ありません。そこで過去において問題さえ発生させていなければ、派遣社員であっても問題なく即日融資を利用できるのです。

 

派遣社員では、勤続年数が重視される

次に審査において重視される項目が勤続年数です。勤続年数については利用者の職業にかかわらず重視されるものですが、派遣社員やパート、アルバイトなど、申込者がいわゆる非正規雇用である場合には特に重視されます。

 

審査では年収の高さよりも勤続年数が重要とされる

キャッシングの審査では年収の高さはあまり重視されません。申込者の年収が低い場合には、カードローン会社が融資枠を低額に限定し、利用できるキャッシングの金額を抑えることで対応します。キャッシングできる金額が抑えられれば、貸し倒れのリスクを低減させることが可能となります。

 

他方、利用者の勤続年数が短い場合には、雇用が継続しない可能性が考えられます。正社員であっても新入社員である場合は、すぐに仕事を辞めてしまう可能性があり、そのような場合にはキャッシング会社は融資の回収が図れなくなってしまうのです。

 

そこでキャッシングの審査では勤続年数が重視されています。勤続年数は雇用の継続性を計測するバロメーターなのです。正社員に比べ雇用が不安定な派遣社員であればなおさら勤続年数は重視されることとなります。ここで勤続年数が長い派遣社員であれば、派遣社員であっても職場で必要とされている人材であることが推測され、雇用が継続することが予想できるのです。

 

勤続年数が短い場合には、クレヒス修業などして信用度を向上させることも必要

このように派遣社員がキャッシングに申し込む際には勤続年数が重視されます。しかし勤続年数については個人の努力ですぐに向上させることは不可能です。そこで勤続年数が短い場合には、いわゆる「クレヒス修業」をするなどして信用度を向上させることが有効です。

 

「クレヒス修業」は、クレジットカードを頻繁に利用することで利用実績を積み重ね、個人のクレジットスコアを上昇させることですが、クレジットスコアが上昇すればその分、キャッシングの審査においても有利に働くのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日