MENU

なぜ家族にキャッシングがバレるのか?その3つの理由とは?

個人でキャッシングを行い、その事実を家族に隠していたとします。申し込みやキャッシング自体を家族に隠してできることはできるのですが、後で意外なところからバレてしまうケースもかなりあるので、そういったケースとはどのようなものなのかを書いていきたいと思います。

 

家族バレする要因として3つのポイントをこれからご紹介しますので、それを教訓とし、バレないようにキャッシングするようにしましょう。

 

主婦が内緒で利用するのにオススメなキャッシング!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

家族バレする要因として3つのポイント

 

通帳による家族バレ

1つ目は通帳による家族バレです。家庭ごとに通帳の管理方法はいろいろとあると思いますが、ネットバンキングの利用履歴や生活費の口座引落などを家族共有の通帳で行っていると、ネットバンキングから共有口座への振込を行った場合、その取引記録が記帳をしたときに家族にわかってしまい、そこからキャッシングの事実がわかるというケースがあります。

 

ですから、家族の目に触れるような状態なら、その通帳は使わないようにしたり、自分専用の口座を用意したり、ネットバンキングのみで取引をするといったようなことをすると、家族バレする確率は極端に低くなります。もしそんな状況にまでしてバレるとすれば、ネットバンクに振り込みをする手続き画面を開いているときに後ろから家族に画面を見られるなどといったイレギュラーな状況でしかあり得ないでしょう。町中にあるコンビニATMを使って取引した場合、借り入れが終わると明細書がそのまま出てくるので、その明細書を家族に見られないかぎり、バレることはありません。

 

ローンカードによる家族バレ

2つ目はカードを置いておいてバレるケースです。自分の部屋や小物入れなどにカードを出しっぱなしにしたままにしておいて、それをうっかり出勤時や出かける時に忘れてしまい、家族にカードを見られて「このカードは何?」とバレてしまうパターンです。

 

カードは財布に入っていることが常だと思いますが、買い物のポイントカードなどと一緒にしておいた場合、ポイントカードを探す時などにうっかり財布やカードケースの中を見られてしまい、それでバレてしまうこともあります。

 

返済遅延による家族バレ

3つ目はキャッシングの返済が遅れ、延滞した時にバレることがあります。通常、返済を延滞した時は電話かメールで業者から連絡が入ります。口座引落をしているなら、口座にお金がなかったら業者から連絡が入ります。その時に返済をすれば、後々、連絡が入ることもないのですが、問題は延滞期間が長引いた場合です。

 

世の中には業者からの電話が何度入っても無視したり、引き落としができない人がいるのです。そうした場合には契約時に書類に記載した自宅の電話に業者からかかってくることがあります。その電話をもし、あなたの家族が取ってしまったらと考えると、バレる危険性は飛躍的に上がります。電話が何度もかかってきても返済しない場合、今度は自宅に郵便物が届きます。これは催促状や返済勧告書などといった名称で送られてくるため、家族がその手紙を受け取ったら、これは一体何だと思うことでしょう。

 

封書は差出人の名前をキャッシング業者とはわからずに送ってきますが、普段知らない宛先から何度も封書が届くようですと、これは一体何なんだろうと家族に不審がられてしまいますので、もし返済が遅れそうだとか、すぐにお金を入れるつもりだけれども期日に間に合わないなどといった場合には、自分からキャッシング業者に連絡を入れて相談するといったことが求められます。何もせずにスルーしっぱなしというのが一番いけないことです。そうなれば、どんどん催促されてしまいますので、早め早めの連絡を取りましょう。

 

もし、自分から連絡した場合は、キャッシング会社も鬼ではありませんので、とりあえず利息だけとか、一部返済といったことを検討してくれることがほとんどです。昔の貸金業者のイメージですと、恫喝されるのではないかという不安がつきまとうと思いますが、そういったことはないので安心してください。向こうも取れる額から返済してくれたほうが将来的にはいいので、キャッシング会社にとっても、自分から連絡してきた人に対してはぞんざいな扱いはしないのです。

キャッシングを内緒で利用するために

家族に内緒でキャッシングを利用したいと言う方は非常に多いでしょう。ですが、キャッシング利用と言うものは、意外と簡単に家族にバレてしまいます。

 

ですので、意識的にバレないように日頃から振舞ったりする必要があるのですが、特にバレてしまい易い原因は郵送物です。その郵送物もいくつか種類がありますので、それぞれの郵送物への対策を講じておく必要があるのです。

 

申込みや審査の際の書類

まず、審査へ申し込みをする際に、郵送での申込みを希望する場合は、記入用の書類などが郵送物として送られてきます。これに記入して返送することで申し込みをするのですが、これを利用すると、それらの書類を家族に見られて知られてしまう可能性があります。

 

ただ、これの対策方法は至って簡単で、郵送以外の申し込み方法を利用すればいいのです。特に、ここ最近ではWEBでの申込みなどが非常に便利になっていますので、それらを利用すれば、申込みや審査の際に送られてくる郵送物による家族バレの心配は拭い去ることができるので、ネットの利用ができるのであれば、郵送での申込みなどを利用しなければいいだけだのです。

 

避けられない郵送物、ローンカード

郵送物の中でも、最も家族バレしてしまい易いものは、ローンカードです。ローンカードの場合は、キャッシング利用に必要なものですから、ほぼ必ず自宅に郵送されてきます。

 

もしも、消費者金融を利用しているのであれば、自動契約機でのローンカードの発行を行うことにより、ローンカードの郵送は避けることができます。しかし、銀行カードローンの場合は、難しいかもしれません。一応、方法としては郵送物を郵便局留めにすることによって、ローンカードが郵便局に届けられたら、自分自身が受け取りに行く、という方法があります。

 

借入時に発行される利用明細書

また、利用明細書は、借入を利用したのちに、必ず発行されるものです。特に口座振り込みなどを利用していると、利用明細書は発行されたのちに、自宅へ郵送されます。それを家族が見たら、一目瞭然ですね。

 

また、口座振り込みを利用している場合は、利用履歴が口座に残りますので、家族で一つの口座を共有しているという場合ですと、家族バレの危険性が高まってしまいます。ですので、家族に知られたくなりのであれば、口座振り込みは選択肢から外しておいた方がいいと言えるでしょう。

 

口座振り込み以外の借入方法となると、ATMから引き出すことになります。ですが、ATMの中にも利用明細書がその場で発行されず、郵送される場合もあるので注意しましょう。ですが、コンビニATMならばほぼすべての場合に、利用明細書はその場での発行になりますので、自分自身で管理することができます。中には例外もありますので、利用する前にはきちんとチェックしておくようにしましょう。

 

それ以外でもバレてしまうことがあるので注意

また、郵送物以外にも、ローンカードを家族に見られてしまったり、きちんと返済を行わなかったことで、自宅に電話連絡が来たりしてしまう場合があります。ですので、郵送物についての対策をきちんと行っていたからと言って、完全に安心しきると危険です。

 

もしも、家族にキャッシング利用を絶対に知られたくないのであれば、自分自身がきちんと返済を行うまでは気を抜かないようにしておきましょう。また、何度も何度もキャッシングを利用するとそれだけ家族バレの危険性が高くなるので、必要な時だけに利用するようにした方がいいでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日